リフレクソロジーの正しいやり方講座 » 頭痛持ちの割合の多さ

頭痛持ちの割合の多さ

頚椎ヘルニアは、椎間板・線維輪にできる亀裂が原因となって、内部に存在する髄核が外部に露出し、さまざまな症状を引き起こします。

頚椎ヘルニアによる症状は、外部に飛び出した髄核が、脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することによって発生する、手足のしびれや痛み、麻痺といった神経症状が主なとなります。先にも述べたとおり、脊髄が圧迫されると、手足にしびれが出ます。

このしびれは、手足の先端に行くほど強くなり、身体の両側もしくは片側に発生します。上半身では、物を掴み損ねる程度の握力の低下など、指を使う作業が困難になるような動作障害が現れます。

下半身では、歩行の際に足が思うように動かなくなり、歩幅が狭くなり、症状の状況によっては階段の昇り降りが困難になる場合もあります。これらの症状は、脊髄のどの部位がどの程度圧迫されているのかによって変わってきます。

そのため、軽度の手のしびれ感程度から立ち上がることも困難になるような高度な麻痺まで、多岐にわたる症状が発生します。

その一方、脊髄ではなく、脊髄から枝分かれする神経根が圧迫されるケースでは、頚椎痛と上半身の片側にのみ症状が発生します。このケースでは頚椎の位置やその動作で変化する上半身の痛みやしびれ感が出ます。

また、頚椎ヘルニアを患っている人は頭痛持ちである割合が高くなっています。これまでの流れから見ると、これも頚椎ヘルニアによるものなのか、と考えてしまうでしょう。

実際、頚椎ヘルニアも要因の一つではありますが、直接的な原因ということではありません。頚椎ヘルニアを患っている場合、その影響で筋肉などにストレスがかかります。このストレスがたまり続けると、そこから緊張型頭痛へと発展する可能性があるのです。

つまり、頚椎ヘルニアが直接的な原因となって頭痛を引き起こしているのではなく、頚椎ヘルニアによって、影響を受けた筋肉がこわばり、そこから頭痛が発生しているというわけです。