お薦め情報

その他・お薦め情報


リフレクソロジーを自分で行う

リフレクソロジーを行うには専門店に通ってプロに施術してもらうのが一般的ですが、自分でマメにリフレクソロジーでケアができればより健康的になれます。

自宅でリフレクソロジーを行う場合の簡単なコツとポイントを解説していきます。プロが行う場合には様々なテクニックがありますが、ここでは自分でできる簡単な方法という事で、親指を使ったもののみを紹介していきます。

自分でリフレクソロジーをやる場合の注意点は、力を入れすぎないことです。思いっきり押した方が良いんじゃないかと不安になってぐいぐい押してしまう人が時々いますが、これはあまり意味がありません。痛くない程度に気持ちよく感じる強さが目安です。

親指を使ったリフレクソロジーの基本は、押すと滑らせる、この二つです。押す時には指の腹ではなく指先で押すほうが力を入れずにちょうど良い刺激にすることができます。また、滑らせるときにはマッサージオイルやボディクリームがあると良いです。

リフレクソロジーを行う前にはお風呂で身体を温めておくとより効果が高くなります。そして終わった後の注意点は、カフェインやアルコールは飲まないようにすることです。

カフェインは神経への刺激が強いためで、せっかくリラックス状態になっている神経を活動状態にしてしまっては意味がありません。マッサージ後は血流が上がって酔いやすくなっているため、アルコールもNGです。

これらの点に注意しながら、自分の身体の疲れている箇所などに注目しながら、自分でリフレクソロジーをおこなっていきましょう。どのように押していくかは、足裏反射区を参考にすると良いです。

これを利用するとどの部分が身体のどの部位に該当するのかが一目瞭然です。これといって自分で該当する部分が思い当たらない場合には、リラックスと疲労回復を意識して、全体的に刺激を与えるようにすると良いでしょう。

ポイントを意識して行うことで冷え性やむくみなど、特定の悩みをより効率的に解消することもできますが、全体的に刺激するだけでも毎日のケアとしては十分です。

自分でやる時nは疲労回復や血行促進目的で全体的に行い、より身体に合った刺激を行いたい時は専門店に行くというのもひとつの方法です。