リフレクソロジーの正しいやり方講座 » 施術の流れについて

施術の流れについて

整体とは、骨格や筋肉、靭帯や関節などをそれぞれに独立した組織ではなく、一体化した連動するものと考え、調整する治療方法です。これらの組織が悪化していれば治癒させなければなりませんし、また日常的な健康のケアとしても有効です。

整体に行ったことが無いという方、内科だけ、あるいは整形外科で怪我を診てもらったことはあるが、、という場合は整体の治療の流れをおさらいしておくと便利です。

どこの整体でもまず始めにしっかりと問診をとります。これは整形外科でも同じことです。ヘルニアの疑いがある、または膝関節症ではないか、などの場合は特に問診も詳細なものになります。

子供の頃に内科や小児科で風邪の治療を受けただけ、という方はここで多少とまどうこともありますので、症状の経緯や度合いなど、治療に役立つだろうことは全てしっかりと把握しておくことが大切です。

次は検査をします。姿勢を視診や触診によって分析し、負担がかかっている部位はどこか、また影響している部位はどこか、をチェックします。特に背骨や骨盤のゆがみ、筋肉の張りは重要です。

緊張して硬くなってしまった筋肉を緩めたり、自律神経を安静にする、リラクゼーションや、ストレッチによる関節や靭帯の調整、つまりモビリゼーションによって柔軟性の高い身体にするように試行します。

その他には症状に応じた手技や電気療法、テーピングなどをします。また痛みがあるほうが効くのではないか、そのほうが精神衛生上好都合、と言われる方もいらっしゃいますので、圧力を高めにした手技を受けることも可能です。

最後に治療の効果を詳細までチェックし、どのような生活の改善方法が適切かを判断します。これらの内容をすべて患者にアドバイスし、治療のペースについても説明します。

通院するごとに症状には違いが現れますので、毎回このチェックは欠かせません。慢性疲労の方も多く施術を受けています。軽い症状でも、現代生活に疑問を感じるようであれば、やはり整体がお勧めです。