リフレクソロジーの正しいやり方講座 » 言葉の意味

言葉の意味

最近やたらと「リノベーション」という言葉を耳にします。これは「リフォーム」の代わりに使われているかと思っている人もいますが、このふたつの言葉は同じ意味ではありません。

辞書的な意味でいえば「改善」「修復」なので、「リフォーム」と差がないのではないかと思いますが、この「改善」「修復」内容に差があるのです。

リフォームでは、住みにくくなってしまった家や、古くなった家を改装することになります。ここには原状回復という意味合いが強く含まれています。原状回復とは、元の状態にすること。

例えば借りていたマンションやアパートを退去するときには、この原状回復の義務が発生して、汚くなった壁紙や、破損させてしまった室内装備などを直さなくてはなりません。

つまり使い始めたときの状態に回復させることが、原状回復です。リフォームはこの意味合いが強いのですが、リノベーションは違います。

リフォームのような修繕・修復よりも、今あるものを利用して新しいものを作り上げる。改修・改善といった要素が強くなるのです。