リフレクソロジーの正しいやり方講座 » 戸建てのプラン

戸建てのプラン

リノベーション対象には大きく分けて、戸建てとマンションがあります。若い新婚夫婦やリタイアされた老夫婦の方の場合はマンションを選択する方が多いようですが、デザイナーズ系、バリアフリー系のリノベーション物件が人気があるようです。

戸建てを選択するほうは仕事も落ち着いてきてそろそろ老後のことでも、というような中年の方が目立つようですが、都心から離れて安くて心地よい家に移住したいという方、都心部の山の手のほうなどにお得なリノベーション物件を見つける方など、様々です。

どちらも同じリノベーションですが、どちらかといえば戸建てのほうがプランも時間がかかり、また費用も高いのが常です。

しかし、中古の戸建てを購入してリノベーションする場合、構造上の強度や耐震面を支える部分以外は全て取り払うことも可能です。

マンションではそれほど大胆なリノベーションは不可能で、気にいった部分はそのままにしながら、気に入らないところは撤去し、納得いくまで変化させたりすることは不可能です。

また不要なコストが出てきたら、そこでカットし、一部のリノベーション、リフォームにとどめておくことももちろん可能です。

戸建て物件を買ってリノベーションする場合の一番の注意点は、実際に予定した費用で間に合うかどうか、です。つまり、リノベーションを前提にして購入する場合、物件を先に吟味し、経営が安定し、アフターサービスも万全の企業に、ある程度の下見を任せることを考慮すべきです。

外観はきれいな戸建て物件でも、壁や床、柱など、見えないところに欠陥が多く、新築の場合の半額に抑えようと購入してから工事費をプランした結果、ほとんど倍になってしまったという例も少なくありません。

戸建てリノベーションはできるだけ購入と工事プランを同時期にすることがお勧めです。できれば購入と工事を同時に進めることができるような業者さんを選ぶと、ローンなどの組み方においても利便性が高いと言えます。