リフレクソロジーの正しいやり方講座 » 知識を改善に役立てる

知識を改善に役立てる

腰の病気である椎間板ヘルニアが起こる場所は、腰の骨です。腰の骨とは、腰の部分で5つの骨が連なった部分を言います。

また、このそれぞれの間には、椎間板と呼ばれる軟骨が存在していて、常に腰の骨同士のぶつかりを避けるためのクッションのような役割を果たしています。

このクッションである椎間板が、加齢による軟性の欠落や、重いものを持ち上げる荷重、姿勢の悪さなどの理由から正常な形を失った状態が、椎間板ヘルニアです。

具体的には、椎間板のゼリー状の中身が外の皮を破って飛び出したり、外の皮を押し上げてしまったりすることです。このことで、周辺の筋肉は疲労を起こしたり、炎症を起こしたりして、痛みます。また、大きくなったり飛び出したりした椎間板が、周りにある神経を圧迫してしまいます。

そして、その神経圧迫の反応として、様々な神経症状が起こってきます。具体的には、坐骨神経痛と呼ばれる、足の部位の痛み、しびれ、あるいは感覚の麻痺などです。

これらの痛みやしびれの症状の中で、特につらいものが、足の神経痛です。自ら咳をしたり、くしゃみをしたりするだけでも激痛が走り、ちょうど歯が痛いときのように、わずかの聞きなれない物音を聞いただけでも同様に痛む、ということが常となります。

この椎間板ヘルニアにもっとも効果的と言われている治療法は、保存療法と呼ばれるもので、発症期には、コルセットを装着したり、安静にすることをメインに治療をします。

発症期は一般にもっとも痛みが激しいため、体を動かすリハビリなどができません。そして、痛みが緩和してくる慢性期になると、薬物や注射などで鎮痛しながら、色々な治療方法を試行するようになります。

主なものは、温熱や牽引、ストレッチや筋力トレーニングなどです。そして、残念にも保存治療による効果が見込めないと判断された場合、または患者さん自らが早期の社会復帰を希望する場合は、切開手術が行われます。