リフレクソロジーの正しいやり方講座 » ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸の効果

変形性膝関節症は怪我などが原因で起こる2次性変形性膝関節症と老化などが原因とされている1次性変形性膝関節症があります。

これは膝関節の軟骨が骨によって削れて行くことから症状が始まってきます。軟骨が削れて行くうちにだんだんと骨と骨とがぶつかって削れて行くようになり歩くたびに痛みが出てくるようになってしまいます。

こうなると中期症状まで進んでいる状態なので、早めに治療しなければいけません。変形性膝関節症の治療は初期症状から中期症状に掛けては保存療法という治療を行います。

この治療法は複数の治療法を平行して行うことで自然に病気を治療していくもので、変形性膝関節症の場合は主に大腿四頭筋という膝関節をコントロールする筋肉などを鍛えることで関節症を治療して言います。

しかし膝に痛みが出るとそうした運動を思うように行えないので、運動療法だけを行うのは少々難しいといえます。そうした時に利用するのがヒアルロン酸注射です。

ですが、ヒアルロン酸注射は変形性膝関節症の名医に打ってもらわないと、返って痛みが増すことがありますので要注意です。

ヒアルロン酸は膝関節の軟骨や関節をスムーズに動かすための潤滑油のような役割を果たす関節液の生成に使われる成分でこれを膝関節に直接注射することで軟骨の生成の活性化や関節の動きをスムーズにさせたり関節部の炎症を抑える効果があったりと様々な効果が期待できます。

といってもたまに関節部のほてりといった副作用が出るケースもあるので注射の回数はある程度限られています。

ヒアルロン酸は食事やサプリメントによっても摂取することが出来ます。特に肉類や軟骨類に多く含まれており、そうした食物を定期的にとることで身体の軟骨部の生成を助け変形性膝関節症の予防効果が期待できるのではないかと考えられています。

変形性膝関節症は日頃の生活の中に運動や栄養補給といった予防策をとっていれば発症の可能性を大きく抑えることができます。食事の栄養バランスに気を使って変形性膝関節症にならないような生活を送りましょう。