リフレクソロジーの正しいやり方講座 » ハイヒールで気を付ける事

ハイヒールで気を付ける事

ハイヒールとフットケア、この2つの言葉にはほとんど親密な関係が無いと言えます。ヒールがとても高く、また安定性が低く、先は細い、また狭い、など、足の健康を維持する上で欠かせない要素のほとんどが欠如しています。

しかしながらファッションアイテムとしては多くの方が欠かせないと考えているのもハイヒールです。

ハイヒールを上手に履きこなすことができるかどうか、ということを議論することにも難点があるのに、足をどんどん不健康なものにしてしまう方が多いのです。

またフットケアの本場ドイツでは、ハイヒールによる足の弱体化がきっかけとなりフットケアの専門家が生まれたといわれています。日本でもフットケア サロンで多くのハイヒール愛好家がサービスを受けています。

またハイヒールを始終履いているという方は少なくなっているとも言われています。健康シューズなどもたくさん出回るようになり、フットケア サロンでのアドバイスも効いたのかもしれません。

ジーンズにスニーカー、ラフで男っぽいファッションもどんどん普及しています。では足によい靴の定義とはどのようなものでしょう?

まず靴先が幅広く、足の素足と全体の形が似ているもの、また靴の先と指先の間に1センチ程度の余裕があるもの、足の真ん中のあたりが広くなく、靴紐やゴムなどでしっかり固定できるもの、そして何より大切なのが、履いていて心地よいこと、またはどんどん歩くことが好きになるようなものです。

このような理想の靴はすぐに見つかるかといえば、決してそうではありません。特に最近は輸入靴を好んで履かれる方が増えていますが、これらの靴はどうしても形が合わない方も多くいらっしゃいます。

試し履きや試し歩きなどはフットケアに必須です。またそのようなことはなかなか時間がかかりますし、靴屋さんでも場所が無くて勧めることができない例も多くあります。できれば自分から靴を最適なものにするという意欲を全面的に出して靴選びをしたいものです。