リフレクソロジーの正しいやり方講座 » 日常生活について

日常生活について

脊柱管狭窄症は2大腰痛と呼ばれるほど患者さんが多いものです。しかも脊柱管狭窄症は症状が進むと日常生活に様々な影響を及ぼし、仕事さえ難しくなることもあります。

ですが日常生活をする上でなかなかその症状を緩和することは難しく、前かがみになって歩いたり、自転車に乗ることで多少は動きやすくできますが、それらは脊柱管狭窄症の痛みが起こりにくい動作をしているだけであって、痛みが治っているわけではありません。

そんな状態ですから、他の仕事についてはなかなか通常のペースで、とはいかないものです。仕事どころか、日常生活さえ難しいという方もいるでしょう。

そんな脊柱管狭窄症の治療方法として代表的なものは、薬での療法や注射、といった比較的簡易と思われる方法もあれば、それでもあまりよくならない場合には、やはり手術をする、というのが一般的です。

マッサージなどに通われる方も多いようですが、現状の痛みの間隔を伸ばしたり、それ以上に痛みがひどくならないような効果はあっても、なかなか完治まで、とはいかないのが現状のようです。

脊柱管狭窄症は都市部には特に、専門医が多くあり、名医と呼ばれるような医師がいる病院もあるようです。患者が多い病ですから、専門家も多いということでしょうか。

東京や大阪といった大都市ではかなりの数になるようですので、脊柱管狭窄症に悩まれている方はそういった病院を探して訪ねてみるのが、改善の早道かもしれません。